2012年コンサートレポ(東京)=長文=【追記】

KEN CHU 2012 CONCERT - WONDERFUL SUMMER -
Twisted soul: a tribute to songs that changed my life ...
という長いコンサートのタイトルですが(笑)東京公演を参加してまいりました。

昼と夜の記憶が多少(だいぶ?)ごっちゃになってしまっている部分もあると
思いますが・・・忘れないうちにと思います。
夜のメモは私自身疲れてて「昼と一緒」みたいなはしょりの個所ばかりですいません。
(昼は緑、夜は紺色にしました)
んで!文字ばっかりですいません!!!夢中で打ち込んでプレビューして
ぞっとしたほど...すいません048.gif
みなさんとまた語りたいです!!

8/21追記 ニュースリンク
F4ケン・チュウが2年ぶりのコンサート! 名曲カバーに観客うっとり(ぴあ)
☆msnとyahooにもあがっていますが、ニュースソースはまんまぴあからなので割愛

8/22 レポ、思い出した部分でいろいろ追記します。追記後最新記事にアゲ
ケン・チュウ 「KEN CHU 2012 CONCERT -WONDERFUL SUMMER-」2年ぶりのコンサート(アジアエンタメライフ)←囲みインタビューあり



追)ASCのクレジット入りの写真があがったので入れました。

開演前の会場はKENちゃんの今までの持ち歌が流れていました。
大阪ではJAZZでした、そこがまず大きな違いでしょうか?(笑)
ステージはZEPPより若干小さい目で低いでしょうか。より近く感じられた
かもしれません。

バンド(醒愛楽園)メンバーが演奏をはじめて数分後、ピアノのイントロの中
しっとりとKENちゃんが登場!
お衣装は大阪と同じ、小花をあしらったシャツ(これ私服疑惑がありましたが
衣装なのですね、好きなブランドなのかな?)ダークグレーのパンツに黒い靴。
足元をよく見ると素肌見えてたので素足?!
d0060038_13244485.jpg

(追)あと気のせいか、大阪の頃より若干髭ズラでした。

Over the rainbow
(昼)謝謝、こんにちは~!久しぶり、みんなに会えて嬉しいです。
まだ大陸でドラマ撮影中で疲れてて(ここで方々から笑いと加油のかけごえ)、
明日帰ったらまた明後日から撮影なので撮影の合間をこっそり抜け出して
コンサートしています(笑)
今回のコンサートのテーマは小さいときから今までで自分が影響を受けた
音楽です。
1曲目は映画オズの魔法使いからです。小さいときこの映画を
見て音楽の魅力を知りました。物語は物語など非常に情緒的で素晴らしいです、
みなさんにも観てほしいです。
続いての曲も特別な曲です。小さいときに初めてラジオをつけて流れて
きた曲です。この木箱(ラジオ)の中からなんてきれいな曲が流れてくるのかと
(ジェスチャーをしながら)ラジオを分解してみました(笑)親に怒られました。
当時ラジオが高価なものだったので!

(夜)
コンバンワ!すごく嬉しいけど、すごく疲れてます、2公演目だし。
中には大阪を含めて3回いらしてる方いますか?
(会場の大多数の方々から「はーい」)
おぉぉ!!...ははははっ!(嬉しいような苦笑のような)
もしそういう人が数人なら申し訳ないので返金しようと思ったけど、
こんなに...ははっ(笑)
でも初めての方もいると思うので今回のコンサートの趣旨を。
(すいません、メモにはいつものそれと割愛してたのでおそらく「小さい頃から
今までで自分が大きく影響を受けた英語の曲」だと思います)
それから今、中国で撮影中なので非常に疲れています、明日戻って
また明後日から撮影です。そんな中開催を強行しました!
みなさんがいてくれたから開催できました!(お〜〜〜!と会場)
さきほどの曲は「オズの魔法使い」のテーマです、
私が生まれてはじめて音楽は楽しいし人の心を影響させると
感じさせてくれました。ぜひみなさんとわかちあいたい。
次の曲は...<<お昼と内容一緒>>


Killing me softly with his song
(昼)アリガトー!
水を飲み、薬をシュッシュッして「んんっ」と咳払いをして
今回は準備期間が短かった。
ドラマの撮影中で日本に来る前日まで撮影してました、
明日また帰って仕事をします。
それなので疲れてて喉の薬をいっぱい用意してます。
続いての曲は初めて学生時代にバンドで披露した曲です・・・

(通訳中に喉の薬をシュッシュ、薬が切れて出ない?ん?シュッ?
あれ?と不審な顔、別の瓶でシュッ、得意げな顔。
そして水とお茶だか漢方のペットボトルをぐびっと
男らしく飲み干し薬の瓶をかざす→会場からおぉ〜!)
薬はまだあります!
次の曲は当時はとっても難しかった。高音がなかなかでなかったけど、今回は
専門家がたくさんいるんで大丈夫!

(夜)
謝謝、Thank you、アリガトー。
(と会場をぐるりと見渡し)知ってる顔があちらこちらに。(関係者やご友人だそうです)
あと日本以外から来てる人いますか?飛行機使って、夏休みですか(笑)
歌う方は疲れているけどみなさんがいるからこそ楽しい時間が過ごせます。
いやなことも忘れられる、また日本でコンサートやりたいです!

(おぉぉー!大歓声)
続いての曲は私がはじめて人前で演奏した曲です、
一生懸命練習したけどとてもひどいものでした。
その時のメンバーは未熟だったけど、今日は素晴らしいギターやベースなど
プロの皆さんが支えてくれてます!
(と会場の何かに気づき)中にはバンドメンバーのファンの方も!
(バンドメンバーの名前入りうちわの迷さんを指指す。
バンドメンバーのみなさん嬉しそう!)聴いて下さい...
More than words謝謝。


More than words
(昼)
歌の途中、音の出がよくないのか、なんども「あげて、確認して」と指で指示して
いました。
歌い終わり、真っ先に水そして汗拭きタオル(青色)はぁーとため息つきながら
すごい熱くて汗だく。
あとステージがはじまる前にスタッフに「もっと優雅に」と言われました。
続いての曲は特別な人にささげたいと思います、私は性格は悪い、
やることなすこと追求しすぎるし!私が性格が悪いのを認めるのは
とても勇気が要ること(笑)
だけど、みなさんはどんな私であろうとも自分が自分らしくいられる
場所を提供してくれることを感謝します。ありがとう、みなさんに捧げます。

(夜)
水を飲み、そして大きめな中華扇が登場!でパタパタ(笑)
漫才みたい(笑)
次の曲は私の心の声です。
私も33歳自分自身がわかるようになったと思います。
私は性格も悪いというか変わってるし、人として大したことなく...
気持ちばかりが前に出ます。
でもこんな自分をみなさんがこの何年も応援してくれて感謝します。

(涙ぐみはじめ、会場から「加油!」)

True colors 
(昼)
左右に何度も動き、指でチッチッしたり、手のひらでおちついて的な振りをしながら、
そして少しじんわり目をうるませながら心をこめて大事に歌うところが印象的でした!
初恋の頃を思い出すのはいいことです、
ほんとにほんとに(しみじみ)
私は早熟だったので初恋は早かったです、16歳の2日前にはじめて彼女が
できました(しみじみ)2週間で恋は終わったけど・・・(会場:え~!)
彼女は留学にいったし自分は引っ越したので!
次の曲は初恋の思い出です。みなさんに初恋を思い出していただければ。
みなさんは恋したことあるよね?
(前方にお子さんがいるようで)そこの小さい女の子はまだかもしれないけど。
(少女に向かって)大丈夫できるよ。
記憶の中では美しくても実際はそうじゃないもので、私の初恋の相手は結婚して
子供がいるみたいで・・・あはっ(苦笑)
口では「永遠」というけど永遠に続くのは難しいそれでも私たちは今を生きる・・・

(夜)
歌詞の『beautiful』でみなさんのことですよ〜的な雰囲気で歌ってました。
今日は特別な人が来ています。
以前撮影したドラマの監督さんが来てくれています。
(どこかな?どこどこ?と見回すと監督さんが後方で手を振ってる)
将来監督の道を歩みたいと思っていて、彼は私に指導してくれ、監督と
いうのものを学ばせてくれました。これからも教えてください。
(追記:と、監督に向かって『シュッ』と敬礼!←かっこよすぎ)
次の曲は初恋の時の歌で、はやってた曲です。でもその恋は終って
しまったけど。
時には思い出していけないこともあるけど永遠は存在する、
なぜなら“今”が永遠だから。

Now and forever 
ありがとう〜また後でね〜!
バンド紹介~今回はバンドのファンの方もちらほら。

Bizarre love triangle
(昼)
ファンのみんなスタンドアップ!
お衣装は赤いジージャンに白にスカルの入ったTシャツ、true religionの濃紺のパンツ(
左太股あたりにダメージあり)
d0060038_13251715.jpg

この曲は私は初デートしたときの曲、映画の主題歌です。
ずっと前です・・・
これは80年代の曲です、みなさんも知ってるかもしれないですね。
(と、会場を見回して)あ、みんなが立ってると緊張するので座ってください(笑)
プレゼントタイム
今回の用意したもの:東京の景色(空がきれいだったので)のポートレート。
空輸して額縁が汚れてるけど気にしないで!
自作の陶芸品(2つ)ずっと日本にこれなかったので申し訳なくて作った
作った陶芸品はお金を出して買いたいという人もいるが唯一無二なので
売れないとのこと。
最後は品物が足りなかったので製作会社がこれにサインしてくれと
パンフレット。
抽選で選ばれた人は感激してなかなか出てこれないのがKENちゃんは
「どこ?」と言ったり「なんで来れないの?」と会場中をキョロキョロ。
2人目の抽選の後、スタッフに呼ばれたのか「ちょっと待ってて」とはける。
ざわつく会場に通訳さんが
「もっとかっこいいKENさんになって戻ってくると思います」
・・・数分後、ふんわりからピッチリ1:9に前髪を分けられたKENさんが!!
軽い笑い(すいません私は大爆笑でした)につつまれ
「私はさっきの髪型気に入ってたのに、スタッフが!!(笑)」
とブレイクタイムあり~の。
落ち着いておしゃべりする方、感激のあまりふるえる方
(「彼女にテッシュを」というも間に合わず泣き崩れてしまった
迷さんにKENが拭いてた青いタオルを渡す)
彼女が震える気持ちはわかる、自分だったらそうなると思う、
だけど自分の好きな人は(手の平を上にあげ)もう亡くなってるから・・・
最後の抽選でパンフレットが当たった方はさっき買えなかったので
よかったとのこと。
追)当選迷様の御名前はご希望の通りだそうで、漢字、ひらがな、英語なんでも
オッケーだったそうですよ。
それから「日本語を勉強してたことがあるので字は読めたり書けたりするけど
日本語はとっても難しい」と言ってました。
そんな感じでふんわかなファンミタイム終了後はROCK YOU!と・・

(夜)
ファンのみんなスタンドアップ!
お衣装は赤いジージャンに黒にキラキラなスカルの入ったTシャツ、
true religionの濃紺のパンツ。(大阪と一緒)
Please take your seat〜♪(優雅にかわゆく)水を飲んで。
この曲は私ははじめてデートしたときの映画の主題歌です。
(ファンより何ていう曲?)リアリティバイツ!14か15歳の時、この歌は印象的。
曲自体はこういう演奏ではなくスローテンポだったのだけど、スローな曲ばっかりなので(笑)
<ファンミタイム>
今回準備する時間が少なかったので、日本になかなか来れなかったのもあるのでプレゼントを
用意しました!みなさんの記憶に残ってもらえたら。ただ数に限りがあります。
当たらなかったかたも大丈夫、また次回(笑)世界の終わりがこない限り。
☆プレゼント
小樽のポートレート:はじめて北海道に行き、雪を見ました。
陶芸品2つ:趣味の陶芸品。世界にたったひとつしかない、壊してしまったら
またいくつでも作ります!
ちなみに途中でサインをかわかすのに扇を使えばいいと気づき、遅かった〜
と言ってました)
パンフ:プレゼント数が少なかったので製作会社に言われ...でもさっきの
当選した方は買えなかったと喜んでくれました!
じゃぁやろうか!(と抽選箱をごそごそ...)もしここから突然ウサギを出したらどうします?(笑)

横浜の方が2名、東京の方が1名、千葉県の方が1名さまでした。
一人目二人目はKENちゃんに選んでくださいとどうぞと手を向けるたんびに
え!自分!」とびびってました(笑)
横浜の方がヨウコさんという方だそうで「ヨコハマヨウコ...私もオヤジギャグを
言うようになってしまった
」とか、千葉県の方とTDRの話しをしたときに
こんな髭ズラのデカイ男がディズニーランドにいたら怪しいよね
と言ってみたり、ある迷様が「グッド」とサムズアップしたとき
思い出した!数年前に日本の教習所でバイクの免許を取った時

足をつけて失敗したことがあって、絶対落ちたと思ったらそれでヘルメットをかぶった試験官がこのポーズしたんです。受かったのか?!と思ったらヘルメットを取って『チュウサン、アウト!』と(笑)
(会場大爆笑)文化の違いは面白いと思いました。
」などなど
迷様とのやりとりも楽しかったでし!
またサインをインクがにじまないようにと一生懸命フーフーしてました(笑)

While my guitar gently
(昼)
今歌った曲は大好きなバンド、Beatlesの曲です。
ジョージ・ハリスンが作った曲です。
私のF4でのポジションに似てるかなぁって思う(笑)(え~~!)
とても目立つわけでないけど独特なものがある、私にも私にしか
持ってないものがあります!
この曲はまだ英語がわからない小さい頃に聴いて大人になって
いろんな経験を積むうちにわかってきました。
ホントは歌詞に裏の意味があるのかもしれない。
みなさんのまわりにはいろんなことが起こってます。
悲しいこと、楽しいこと・・・
たくさんなことがあって平安な時間があるからいろんな経験の中で
自分をみつけた。
みなさんに自慢できることはたくさん恋をしたことです(笑)
たくさん恋してたくさん
傷つきました・・・はぁ(哀)(迷:加油!)
完璧な人生にかけてはいけないこと。
楽しいことと同時に悲しいことがあるけど、音楽はいつもあります。
それが今までの私の支えでした。
次の曲は私が悲しいときに聴く曲です。

(夜)
歌い終え、ふふん♪と中華扇子をパタパタ。水をのみ、喉シュッシュッ...
一日2公演は疲れます(迷:加油〜)
さきほどの曲は大好きなBeatlesの曲です。ジョージ・ハリスンが作った曲です。
ジョージはもう亡くなっていますが、この曲は特別で、はじめて聴いたときは
内容はわからなかった。
歳を重ね経験することによって何がいいたいのかわかるようになりました。
気に入ってくれたら!
次の曲は、この道に入って12.3年喜びも悲しみもいろいろありました。
愛した事もあれば傷ついた事もあります。
そしてじょじょに自分と向き合うこともおぼえました。
気づいたのは成長することは残酷なこと。みなさんも同じだと思います。
いろいろある中で自分と向き合える人が強いと思います。
続いての曲は悲しいときに聴く曲です。


I don't wanna talk about it
(昼)
アリガトー!
最後の曲の前に色々感謝したいひとがいます。まずはI・KEN、みんながいるからやって
これます。このような舞台があるからこそみんなと触れ合えます。
そしてウサミさんに感謝したい、日本のステージすべてをやってくれてます、
彼は体を壊し手術をしたので心配しました、彼がいなかったらどうしようって。
でもよくなって今日のステージをやってくれました。
あとディスクガレージ、AZIO、PROMAX。PROMAXはずっと一緒に仕事をしてるが
時々何を考えているのかわかりません(笑)でも感謝。
そして最後に台湾の事務所です今回のコンサートで悩ませた。
そして最も大切なのは今来てくれてるみなさんです!
みなさんがいるからこそここに立てます!(拍手)
最後の曲。去年日本ではいろいろな惨事がありました。とても心配しました。
でも当時は仕事が忙しくて行動に移せなかった。
ただみなさんが無事ということが幸いです。
この機会に世界みんなが反省しないといけないと思う。
世界は混乱してる、お互いを傷つけて自分は反省しない、地球はたったひとつだから大切にしないといけない、みなさんの普段の生活にも影響すると思う。
みなさんの家族、友達、恋人とけんかしたときにはまず自分が反省してください。
でないと縁が切れてしまいます、最後の曲です。

(夜)
すごい疲れた...(加油!)
微妙な感覚です。疲れてるでも楽しい、身体は疲れてるでもハイです。
次の曲の前に多くの人に感謝したい。まずI・KEN。もっとよいものにしないとと思います。
それとウサミサン!日本のステージ全般をやってくれてます。(前回と同じくだりで)
ステージをやるには自分だけでなく多くの人やスタッフが支えてくれています。
(前回と同じくだり)そして台湾の事務所、感謝です!そしてホントに重要な人たち...
それはここに来てくれたみなさんです!!(拍手喝采)
3公演見て下さった人もいてお金だけではない気持ちを受け止めたい。
最後の歌の前に...去年日本ではいろいろな惨事がありました(昼と同じ)
これは全世界におけることです。地球を大切に、たったひとつだから。
自分を大切に。この気持ちを普段の生活で忘れないで。
もしかしたら身近な誰かを知らずに傷つけているかもしれません。
家族、友達、恋人とケンカしたとき自分自身反省してください。
彼らはみなさんの人生でたった一人の存在だから。縁が切れないように...
では、最後の曲です...

That's why you go away
(昼)
エンディングが流れる中・・・
ありがとうみんな、今日は最高のパフォーマンスができました。また逢いましょう本当にありがとう!!またね!!と投げキッスして去りました。
↑夜共通、少し昼より時間ながめに方々に手を振りながら...

(昼.夜)
アンコール...眩しそうな顔をしながら歓声に包まれ登場。
And I love you so
(昼)
(英語で)とってもとっても幸せな時間をありがとう、Thank you guys!
最後にひとつリクエストがあるよ、OK?夜に会いましょう!(笑)バイバイ!
ありがとうみんな!

(夜)
東京に来てくれてありがとう、みんなを信じてる、今夜は
もう終わりだけど、また会おう...SOON!!OK?


****
以上がレポです(脳内変換多々有り)自分の感想はまた明日...と思います。
長々とありがとうございました!!
[PR]
by aijyanki | 2012-08-22 23:34 | ちゅう

Thank you for coming.更新はマイペースすぎ…で、何もないところですが、一言でもコメント頂けると嬉しいです★寂しがりやデス。If you ask for my article and pict,sent mail!   aijyanki@excite.co.jp


by aijyanki
画像一覧